出産祝い 印鑑

産まれた子供の人生最初の印鑑に花の印鑑

身内の出産祝いに印鑑のプレゼントをしてみてはいかがですか?赤ちゃんが産まれると出産祝いや子ども手当、お年玉などの管理が必要になってきます。多くの方がそれらの管理と将来の教育費用のために子供名義の銀行口座を開きお金の管理をされます。口座を開く際に必要となるのが銀行印ですが、出産を控えた段階では印鑑まで準備していることはあまりないようです。出産のお祝いとして銀行印を贈ればきっとお母さんも喜ぶことでしょう。両親の銀行印と安易に区別がつくように子供さんの印鑑は一目でわかるものにするとより喜ばれます。例えば子供さんの下の名前で作ってみたり、模様がある印鑑にしてみたりとすぐに見分けがつくといざというときにすぐにどの印鑑かわかり大変便利です。また、印面に名前だけでなく花柄を彫りこんだものもあり、プレゼントとして人気があります。花の柄が彫られていることにより見た目の華やかさだけではなく偽造されにくいというメリットもあります。子供さんが成長して成人になっても使うことができる印鑑を選ぶようにするのも大切です。最初は親が管理するものですがいずれは本人が管理するようになるでしょうから長く劣化しない印材を選びたいものです。もしお子様が女の子であれば将来結婚されて苗字が変わることもあるでしょう。そのことも考えるならば印鑑に彫る名前は苗字やフルネームではなく下の名前で作成すると良いでしょう。下の名前だけでも銀行印として使用することができます。もちろん男の子でも下の名前で彫っても大丈夫です。 プレゼントの予算に合わせた印材を選び、素敵なギフトとして贈ってみてはいかがですか?