Funeral

業者のサービス

業者のお得な特典を利用する

葬儀にかかる費用は業者によりさまざまで執り行う場所や参列者の数で変動するのが通常です。費用には基本費用、別途費用、建て替え費用に分けられます。基本費用は葬儀を執り行うのに必要なもの棺、祭壇、位牌などの料金です。別途費用は変動する経費、たとえば会葬礼状やドライアイス代などで、使用する量で変わる費用のことを言います。建て替え費用は式場の使用料や火葬料などで業者が立て替えて支払っているものです。 葬儀費用の明瞭化が強く要望されている近年は、一般の人にもわかりやすい見積書を作成し担当者が丁寧に説明する葬儀社が多くなってきています。 基本費用にあたる部分も、業者の互助会制度や会員制度の利用により安くあげることが可能になっています。日ごろから家族と自分の葬儀をどうするか話し合っておくのも大切です。

悩みの種の宗教者への支払い

葬儀会社に支払う費用はある程度金額が明瞭化され提示されますのでどれぐらいの金額が必要かは把握ができます。 それでは宗教者に支払うお布施やお膳料や戒名料などの金額はどうでしょうか、葬儀の規模や宗教者の人数によって大きく変わってくるのがこの費用ではないでしょうか。かといってお布施の相場などあってないようなもので、その地域によっても変わってきます。 菩提寺の場合、僧侶の一存で大まかな金額が決まっている場合がほとんどだそうです。また自分の考え一つで支払いをしても僧侶と自分の間で想定額が大きく違うこともあります。僧侶に直接金額を訪ねるか、菩提寺をよく知っている人(たとえばその寺の総代さん)に相談してみるのも一つの手段です。