Funeral

葬儀様式の変化

変化に富んで多様化の時代

誰かがなくなると必ず行われるのがお葬式です。一昔前は、家に祭壇を飾りお坊さんに来てもらってお通夜やお葬式の際にお経を上げてもらうのが一般的でした。しかし現在においてはお葬式のあり方も様々です。火葬した場所でお葬式を済ませてしまう直葬と言うものもじわじわ増えてきています。檀家さんとお坊さんの関係も少しずつ変わってきています。それに伴い檀家さんの気持ちによって行われていたお坊さんへのこころづけも変わってきていまた。葬儀の価格は相場のようなものがあり、はっきりと明記されたものはありませんでした。しかしあるフランチャイズの葬儀を取り扱う会社が価格を明記し、葬儀を執り行うことを開始したことにより、多くの人が慣習に従いながらも疑問に思っていた葬儀のあり方がオープンになりました。

故人のためのものなのか

これからはもっと多様化してくると思います。中には葬儀はおこなわないのが当たり前という人も多く出てくるかもしれません。結婚式は昔はたいていの人が挙げていましたが、現在では式を行わない人も昔に比べて随分増えています。こういった考えは核家族化、晩婚化というものが大きく関係していると思います。核家族化により親戚演者との関係が希薄化していっている人がおおいです。葬儀と言うのは、生前の関係が視覚化される場所ともいえるでしょう。関係の希薄化が進めば進むほど葬儀簡素化されていくと考えても良いでしょう。また以前と比べて地域との関係がなくなってしまった場合は大規模な葬儀よりも、親しかった人たちの間での葬儀が故人が喜ぶであろうとの形で行われることが増えていくでしょう。