Funeral

生活保護の葬儀

収入が不十分でサポートがないと満足に暮らせない人が受けられる「生活保護」では、最低限の生活をサポートしてもらえます。そんな生活保護受給者は、暮らしを制限されてしまう場合があるので、必要最小限の生活が強いられます。身内や親族が亡くなった場合、葬儀を行ないたいけれどお金がないなどの理由から葬儀を諦めてしまう人がいます。中には生活保護を受給しているからという理由で控える人もいます。そこで最適なのが生活保護葬です。これは生活保護を受給している人のみがあげられる葬式のことです。地域によっては「福祉葬」や「民生葬」と呼ばれています。死亡者が生活保護を受給していても、葬儀を行なう人が十分な収入を得ており、葬儀に関する費用を事故負担できると判断された場合は、生活保護葬をあげることができません。いっぽう、死亡者が生活保護を受給していなくても葬儀を行なう人が生活保護を受給している場合は生活保護葬を行なうことができます。お住まいの市町村によって細かい制度が異なるため、事前に確認をとっておくことが最適です。

必要最小限の葬儀内容で、利用者が支払う金額は実質0円に抑えることができます。これにより、葬儀を諦めていた生活保護受給者も安心して大切な人を見送ることができるのです。必要最小限の葬儀内容とは、花束や自宅の飾り、遺影などは用意せず、火葬や納骨といった質素に行なうものです。お通夜や告別式が行われないため、僧侶が来ない場合もほとんどです。しかし、粗末に扱われることは一切なく、丁寧にお見送りしてもらうことができます。数十万円かかることもある葬儀を実質負担額が0円であげられるとあって、依頼する人が後をたたないのです。